2017-08

東洋のマチュピチュ マイントピア別子 - 2013.10.16 Wed

東洋のマチュピュ マイントピア別子
(写真は、Wikipediaよりお借りしました)

次に向ったのは、新居浜市の山合いある世界的産業遺産 マイントピア別子

鉱山の跡地を利用して、レストラン、アミューズメント施設、入浴施設になっています。

予定では、ここで、鉱山鉄道に乗って、鉱山内を見学するつもりでしたが、

タオル美術館に寄り道したため、ここでは、軽く食事だけ。

そして、今回の一番の目的地

東洋のマチュピチュと言われる別子銅山の東平(とうなる)ゾーンへ

これが、またとんでもないくらいすごい道

途中から、車1台がやっと通れる道を20分ほどくねくねと登って行きます。

前から来たものなら、交わせるところまで、バックしないといけません。

父ちゃんは、平気そうですが、私は、冷や汗が。。。

それにしても、我が家は、どうしてこんなところばかり好きなのかしら。

東洋のマチュピュ マイントピア別子

辿り着いたのは、こんなところ

別子銅山
   日本三大銅山のひとつに数えられ、元禄3年(1960年)に発見されて以来、およそ280年間にわたって
   総出鉱量は、推定3000万トン、銅にしては、70万トンを産出して世界屈指の銅山
   東平ゾーンでは、最盛期には、鉱山従事者とその家族を合わせて約3800人が生活していたと言われ、
   社宅、病院、学校、娯楽場などの施設が整備されていた。


東洋のマチュピュ マイントピア別子

はるかかなたに、瀬戸内海が眼下に見えるこの高さ

東洋のマチュピュ マイントピア別子

東洋のマチュピュ マイントピア別子

東洋のマチュピュ マイントピア別子

東洋のマチュピュ マイントピア別子

かなり崩れかかっています。

正直、竹田城址に行ったときほどの感動はないけど、

朽ち果てたレンガ造りの建物跡をみると、異様な不気味さに心惹かれます。

東洋のマチュピュ マイントピア別子 東洋のマチュピュ マイントピア別子

お馬鹿な息子が、ふざけてました。(笑)




ポチッとして頂くと、嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koharubiyori1958.blog31.fc2.com/tb.php/2314-7363abba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロープウェイに乗って、こんぴら奥の院 箸蔵寺へ «  | BLOG TOP |  » しまなみ海道~今治タオル美術館

プロフィール

カンチ

Author:カンチ
一人息子も結婚して、夫婦二人の生活です。
お暇な主婦しています。
兵庫県加古川市在住

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

コメントありがとう~♪

カテゴリ

小春家の日常 (635)
小春家の食卓 (1411)
今日のお弁当 (206)
手作りおやつ (205)
手作りパン (155)
お外ご飯 (160)
(加古川市) (55)
(高砂市) (14)
(明石市) (17)
(加古郡) (15)
(姫路市) (21)
(加西市) (5)
(三木市) (6)
(神戸市) (13)
(西播磨) (7)
(北播磨) (6)
お出かけ (415)
(兵庫) (210)
(大阪・京都) (36)
(奈良) (2)
(淡路・徳島) (122)
(四国) (11)
(岡山) (20)
(その他) (14)
パン屋さん (5)
カフェ (38)
スイーツ (9)
フラワーアレンジメント (83)
ハンドメイド (171)
お気に入り (19)
モノローグ (34)
未分類 (29)
仕事のこと (20)
(0)

素材屋さん

ブロ友さん

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: